2月 | 2015 | 福知山市を中心とした住宅設計・賃貸や売買等の不動産全般を行っている有限会社立石設計

ワールドコミュニケーション

2015年2月25日

おはようございます。ブログ担当です。久しぶりに投稿します。すみません。

先日のこと、昼食はお弁当が多いんですが無いときは食べに出かけます。長田に出来た台湾料理の店に行くことにしました。

この店は日本人がいなくてスタッフはすべて台湾人です。おまけに日本語のできる方もいないようです。それでも注文を聞きその通りの料理が出てきます。

「世界には言葉なんて必要ないのかも、気持ちって通じるんだなぁ」なんて感慨深く思っていたのに・・・・

レジの隣で食事をしてた僕の耳に、ご婦人と店員のやり取りが聞こえてきた。当然言葉が堪能ではないのでレジでのやり取りも沈黙が続く。

間が悪いと感じたご婦人が「あらっ、これってなんだったかしら?」そのレジには翡翠で作られた水辺の生き物の大きな置物がある。ご婦人はこの翡翠が言葉として出てこない「あのぉそのぉほれほれ宝石よねぇあれよあれよねぇ」と悶えていた。店員は知らん顔で興味もない。ぶっきらぼうもこの店の特徴の一つである。

痺れを切らしたご婦人が「これなんでした?」と店員に聞いた。

・・・・カ・エ・ル!と言って厨房に入っていった。

ご婦人は小さな声で「見ればわかるわよ」・・・と言いながら帰っていった。

やはり言葉は大切である

カテゴリー:ブログ, 立石設計 スタッフブログ│コメント:コメントはまだありません



About

京都府福知山の有限会社立石設計のスタッフがお届けするブログです

ホームページはこちら→

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

by