立石設計 スタッフブログ | 福知山市を中心とした住宅設計・賃貸や売買等の不動産全般を行っている有限会社立石設計 | 6ページ

京都ぶらぶら観光してきました。

2015年11月5日

11月になりまして秋を少しずつ感じる今日この頃

私は休みを貰い、嵐山、金閣寺、川原町と京都観光してきました。

紅葉には早いけど今回は下見ということで、

それでも紅葉しているとこもあり天気もよくて良かったです。

1446683397942 1446623789587 1446683368370

金閣寺も行くのは10年ぶりぐらいでした。

もう少しすると 紅葉と金閣寺が並び綺麗な風景が見れますので

行ってみてはいかがでしょうか。

1446683570985 1446685625480 1446623775770

カテゴリー:ブログ, 立石設計 スタッフブログ│コメント:4件のコメント

新社屋棟上げ 社長は何処へ…

2015年10月26日

少し遅くなりましたが、10月24日に新社屋の棟上げに行ってきました。

この日は朝早くに現地に集まり棟上げが始まりました。

新社屋上棟式 (8)新社屋上棟式 (9)

柱を建ててからハンマーで固定していきます。

まるでレゴブロックのように組み立ててました。

 

新社屋上棟式 (29)新社屋上棟式 (50)

その後、事務所に帰りALTAを1時間程して

再び現場に戻ってみると・・・

 

 

 

新社屋上棟式 (60)新社屋上棟式 (64)

もう二階まで柱が建ってました。

驚きの早さです。

そして、ここまでいけば

あとは屋根部分ですね

新社屋上棟式 (75)

どんどん屋根の形が出来ていきます。

新社屋上棟式 (80)新社屋上棟式 (82)

新社屋上棟式 (89)新社屋上棟式 (97)

そして屋根の板をつけてこの日の棟上げは終了です

現場の大工さんにも怪我や事故がなくてよかったです。

 

 

新社屋は12月頃完成予定です。

よろしくお願いします。

新社屋上棟式 (103)新社屋上棟式 (99)

 

 

 

 

 

カテゴリー:立石設計 スタッフブログ│コメント:コメントはまだありません

W様邸 上棟式

2015年10月13日

 

10月10日にW様邸の上棟式が行われました。

クレーンで棟上げをしていきます。

和田邸 上棟式 (15)

 

次々と積んでゆき

私もその作業スピードに驚きました。

和田邸 上棟式 (16) 和田邸 上棟式 (1)

わずか3時間でここまで進みました

和田邸 上棟式 (39)

後は屋根の部分を組んで完成です

和田邸 上棟式 (30)

 

 

そして、上棟式については

祭壇に向かって全員で二礼二拍手をして

和田邸 上棟式 (25)

次に家の四隅にお酒をまいていきます。

和田邸 上棟式 (24)

 

和田邸 上棟式 (21

最後にW様家族の写真撮影をして上棟式は終わりました

和田邸 上棟式 (20)

本当にありがとうございました。

 

カテゴリー:立石設計 スタッフブログ│コメント:コメントはまだありません

N様邸 引渡し

2015年10月9日

最近、寒く感じる今日この頃・・・

9月28日に引渡しが無事に終わり、

中嶋邸 家族写真 (2)

 

後日、N様家族の写真を撮りに行かせてもらいました。

本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:立石設計 スタッフブログ│コメント:コメントはまだありません

新企画 B君焼きがまわる

2015年8月8日

38度と言う異常な天気続きで滅入ってしまいそう。

それでも晴れが好き。ハレが好き。ハレルヤ!



女子を追い続けた高校生活も終わり、みんなそれぞれ

の道を歩いて行った。



B君は東京に行ってしまった。実は僕たち関西出身であ

る。東京は少し遠い。距離と言うより気持ち的に・・・



ただ昔と変わらず女子が好きだ。ある時友人が「女の子

と一緒ディズニーランドに行かないか?」と言ってきた。

二つ返事で「行く!」と答えた。



〇〇日の何時に東京の○○で待ち合わせと言うことになり

(相手はどうも東京の子みたい)前日から東京に行くこ

とにした。



泊まるところも節約と言うことでB君のアパートに転がり

込むことにした。B君は東京で今で言う某有名キャスタ

ー(昔のプロレス実況・今の報〇ステ)のマネージャーをしていた。



当然勤務は不規則、朝も夜もない。僕たちがせっかく行っ

てやるといってるのに仕事を優先させた。仕方ないが残念

だ。



新幹線で東京につき。田舎者丸出しでアパートを探す。やっ

とのことでアパートを見つけドアをノックするころはすっかり

日も落ちかけていた。



何の反応もない。ポストの中に手を突っ込むと鍵があった。

「グワチャ」っと鍵を開けて中に入る。



うっすらとした暗がりにコタツがボーっと浮かび上がった。そ

の上に何かある。手紙みたいだ。



「お疲れ様。今日はどうしても行かないといけない仕事があ

るので行きます。ただこの寒さなので近所の〇〇に行って、布

団を買ってください。」そう僕たちが行った東京は2月、とても

寒い。下宿暮らしに客布団などあるはずもない。B君は手紙と

ともに三万円を置いていた。







友達思いに感動しつつ、三万円を握りしめ商店街に行った。

にぎやかで活気がある。「腹が減った」と誰かがつぶやき、

感動の糸は切れた。



「久しぶりにうまいもんが食えるぞ!何にする?飲んだらぬ

くもる。大丈夫。」大丈夫と言う言葉に妙に説得力がある。



どんちゃん騒ぎは深夜まで続いた。風邪気味で目覚め、二日

酔いで待ち合わせ場所に行った。一組のせんべい布団と、くし

ゃくしゃになったメモを残して・・・昔のB君ならそんな迂闊な

ことはしなかった。

 

B君は東京に行って焼きがまわったようだ。

カテゴリー:ブログ│コメント:コメントはまだありません



About

京都府福知山の有限会社立石設計のスタッフがお届けするブログです

ホームページはこちら→

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

by